観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み

エクスマウス

ジンベエザメと泳ぐなら、西オーストラリアのエクスマウス

世界で行われているジンベエスイムの中でも、確立はダントツに高く、透明度&天候共にベスト1ポイントといえる。例年4~7月第2週までの各週に行われ、最も確率の高い時期は5月のゴールデンウイークあたり。この時期はオーストラリアの季節では秋で、雨も少なく天気の良い日が多い。また、透明度は平均して15~25m以上ある。水温は26℃以上あるので、ジンベエスイムは水着+3点セットで可能(ウエットスーツを着ると暖かくなりすぎて熱いのと、水の抵抗が増えるので、長時間泳ぐには着ていない人よりも不利になる)。但し、ジンベエザメはこの時期表層にいるプランクトンなどを食べにきているので、小さなクラゲなども多く、刺されないようにするには、肌を露出しないように薄手のラッシュガードなどを着るのがいい。ジンベエ&マンタはいれば何度でも一緒に泳ぐことが出来る。ここに出るマンタは水面で捕食しているマンタなので、体力が続く限り併走して泳ぐことが出来る。ジンベエスイムに満足したら、次はダイビング。ニンガルリーフ国立公園に設けられた様々なダイビングスポットで海中を堪能できる。7月第3週~10月頭はジンベエは出ないが、海は安定しているのでダイビングは可能。

注:ジンベエスイムの際はスノーケリングのみで、スクーバ機材の装着はできません。

驚異の魚影、ネイビーピアジェティダイブ

現在もアメリカ海軍ベースとして稼働している軍用施設内の桟橋。1日17名のみの限定受け入れとなるネイビーピア・ジェティダイブ。水深は約15mとなり、その狭い範囲に約200種の魚が所狭しと共存している。驚異の魚影、魚群の洪水で、まるで水族館にいるような錯覚になる。
ダイビングは基本1日2ジェティダイブとなるが、潮止まりの時間帯により1日1ダイブ、又は昼1ダイブ+夜1ダイブとなる日もある。
※最終潜行日から6ヶ月以内のライセンス所持者が条件
※ダイビング参加時にはパスポートコピーの持参が必要

 

  •  

  •  

  •  

エクスマウス

西オーストラリアの玄関口パースから、北へ約1,000kmほどのところに位置するエクスマウス。沖合には広大なサンゴ礁群ニンガルリーフや、透明度抜群のコーラルベイがあり、世界各国のダイバーやスノーケラーに人気の観光地。  人口約3,000人の小さな街で、ダイビングセンターより徒歩圏内にスーパーマーケットやレストラン、ドラッグストアなどがある。

あったほうが良いもの

  • Cカード(必須)
  • シャンプー
  • リンス
  • タオル類
  • 歯磨きセット
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • 夜用の長袖など

西オーストラリアの旅は、美しい風景がいっぱい

シャークベイ

西オーストラリアには世界的にも有名な、美しい風景がある。その一つ、世界遺産のシャークベイは、その独特の色彩に染まった海辺が美しく、ここを訪れた人は特別なものを見たような気分になる。この風景の全貌を見るには空から見渡すのが一番。別途チャーターセスナで、その全貌を眺めることが出来る。(Kalbarri Air Charter)周辺には、野生イルカがビーチに訪れるモンキーマイアドルフィンリゾートや、長さ110kmにもおよぶ海岸のすべてが貝殻で出来たシェルビーチ。35億年前から地球の酸素を作り出してきた古代生物ストロマトライトのいるハメリンプールもある。

 

モンキーマイア ドルフィンリゾート

シャークベイのほぼ真ん中に位置する、フランソワペロン国立公園の一部にあるモンキマイアドルフィンリゾート。ここには野生のイルカが訪れる美しいビーチがある。1964年のこと、1人の女性が1頭のバンドウイルカとここで出会ったことに始まり、その後、野生イルカとのコミュニケーションがここで50年以上も続いている。現在では、やってくるイルカたちの数は13頭に増えたそうだ。毎朝8時頃からやってきては、日に数回、日中や夕方でも見ることが出来る。フィーディングの際は水際のすぐ足元までやってくるので、イルカとの実際の距離は1m以内という近さ。お子様連れの家族にはとてもいい体験だと思う。ビーチにはちょっと強面のレンジャーのおばさんたちがいて、イルカたちがやってくると彼らの生態や出会いのいきさつなどを説明しながら、餌の魚を与える。終盤には参加者の中から選ばれた人がイルカたちに餌を与えることも出来る。選ばれる人はたいてい小さな子供たちか、年配の方を優先している。彼らがもらう魚はほんの数匹なので、餌をもらうためだけでなく、人とのコミュニケーションを毎日の日課のように楽しみに来ているようだ。リゾートで宿泊も可能だが、イルカに会いに訪れるだけも可能。

 

ピナクルス

パースから北に車で約3時間(約240km)ナンブング国立公園内にある奇岩ピナクルスは、昔この辺りに生息していた樹木の根が、周りにあった岩を侵食し、その後の砂漠化と風化によって周囲の砂や土が飛ばされて無くなり、今のような奇妙な形の岩が残ってできたそうだ。大きいものでは高さ4mを超えるものもあり、岩の周りは自由に歩くことが出来る。また、全体を見渡すことができる、展望台も設置されているので、上から眺める風景もまた一段とよい。私たちが生まれる前から変化してきた地球環境のそのままの姿を、ここで体感することが出来る。

 

エクスマウスまでの移動手段

車の場合はパースから北へ車でまる2日。途中、ピナクルズやコーラルベイ、モンキマイアードルフィンリゾートなどによることができる。飛行機の場合はパースからSKYWEST航空でExmouth(Learmonth)空港へ、フライト時間1:30分。日本からの出発日の翌日にはエクスマスへ入ることが出来る。

成田発10日間参考スケジュール

成田発シンガポール航空利用10日間参考スケジュール

1日目 午前成田空港発⇒シンガポール乗継⇒深夜パース到着
到着後、混載車でホテルへ送迎
<パース スタンダードクラスホテル泊>
2日目 朝、パース出発。
専用車にてモンキーマイアへ。
<モンキーマイヤドルフィンリゾート泊>
3日目 朝、モンキーマイヤで野生のイルカ見学。
その後、世界遺産シャークベイにてクルーズ乗船
<モンキーマイヤドルフィンリゾート泊>
4日目 朝、モンキーマイヤ出発。途中シェルビーチに立ち寄りながら、エクスマスへ移動。
<エクスマウス スタンダードクラスホテル泊>
5日目 エクスマウスにてジンベエスイム
<エクスマウス スタンダードクラスホテル泊>
6日目 ネイビーピアにてジェティダイブ(1~2本)
<エクスマウス スタンダードクラスホテル泊>
7日目 ジンベエスイム又はネイビーピアジェティダイブ(1~2本)
<エクスマウス スタンダードクラスホテル泊>
8日目 朝 エクスマウス出発。専用車でパースへ移動。
<パース スタンダードクラスホテル泊>
9日目 終日フリー お部屋は12時までご利用いただけます。
各種オプショナルツアーもご用意しています。詳しくはお問合せください。
<参考オプショナルツアー>

  • パース&フリーマントル半日観光
  • ロットネスト島1日観光
  • 奇岩ピナクルズ アドベンチャーツアー
  • スワンバレー ワイン&ランチリバークルーズ
  • カナック島アシカスイム

夜、空港へ送迎

10日目 深夜パース発⇒シンガポール乗継⇒夕方成田空港到着
解散

利用航空会社:シンガポール航空
利用予定ホテル:パース 市内スタンダードクラスホテル
モンキーマイヤ モンキーマイヤドルフィンリゾート
エクスマウス スタンダードクラスホテル
最小催行人員:8名様 グループでのお申し込みをお勧めします

☆特典☆
エクスマウスのダイビングツアーは、ダイビングレンタル器材を無料で手配できます。
預入荷物超過料金の心配も少なくなります。

パースでの延泊手配可能
カンタス航空利用(直行便・乗り継ぎ便)手配も可能

成田発7日間参考スケジュール

成田発シンガポール航空利用7日間参考スケジュール

1日目 午前成田空港発⇒シンガポール乗継⇒深夜パース到着
到着後、混載車でホテルへ送迎
<パース スタンダードクラスホテル泊>
2日目 早朝 パース出発。 空路でエクスマウスへ
到着後、乗合バス(現地払い)にてホテルへ
ネイビーピアにてジェティダイブ(1~2本)
<エクスマウス スタンダードクラスホテル泊>
3日目 ネイビーピアにてジェティダイブ(1~2本)
<エクスマウス スタンダードクラスホテル泊>
4日目 エクスマスにてジンベエスイム
<エクスマウス スタンダードクラスホテル泊>
5日目 午後 乗合バス(現地払い)にて空港へ
空路パースへ
<パース スタンダードクラスホテル泊>
6日目 終日フリー お部屋は12時までご利用いただけます。
各種オプショナルツアーもご用意しています。詳しくはお問合せください。
<参考オプショナルツアー>

  • パース&フリーマントル半日観光
  • ロットネスト島1日観光
  • 奇岩ピナクルズ アドベンチャーツアー
  • スワンバレー ワイン&ランチリバークルーズ
  • カナック島アシカスイム

夜、空港へ送迎

7日目 深夜パース発⇒シンガポール乗継⇒夕方成田空港到着
解散

利用航空会社:シンガポール航空
利用予定ホテル:パース 市内スタンダードクラスホテル
モンキーマイヤ モンキーマイヤドルフィンリゾート
エクスマウス スタンダードクラスホテル
最小催行人員:8名様 グループでのお申し込みをお勧めします

☆特典☆
エクスマウスのダイビングツアーは、ダイビングレンタル器材を無料で手配できます。
預入荷物超過料金の心配も少なくなります。

パースでの延泊手配可能
カンタス航空利用(直行便・乗り継ぎ便)手配も可能

周辺の地図



トラベルインフォメーション

国名 オーストラリア
首都 キャンベラ
ロケーション 西オーストラリア州
最寄りの空港 パース空港、またはExmouth/Learmonth空港
利用航空会社 <国際線区間>
カンタス航空(シドニー経由)
マレーシア航空(クアラルンプール経由)
キャセイパシフィック航空(香港経由)
シンガポール航空(シンガポール経由)
ガルーダインドネシア航空(デンパサール経由)<オーストラリア国内線区間> パース⇔エクスマウス
スカイウェスト航空
カンタス航空
ヴァージンアトランティック航空
ビザ ETA(イータス電子入国許可システム)で申請。観光や商業目的での短期滞在ならインターネットや旅行社から簡単に手続きが可能。
時差 日本-1時間(パースの場合)
気候 地中海性気候(パースの場合)。パース周辺は年間を通して乾燥しており、湿度も低く快適。南半球にあるため、日本とは季節が真逆。夏12-2月・冬6-8月。夏は暑いが湿気がないので比較的過ごしやすい。冬でも日中はTシャツでOKだが、夜との気温差があるため長袖があるとよい。
平均気温 18-35℃以上
平均水温 パース周辺は16-26℃、エクスマウスは通年25-32℃
適正スーツ パース周辺は5mmワンピース~セミドライ。エクスマス周辺は夏3mmワンピース/冬5mmワンピース
透明度 10-30m以上
言語 英語及び日本語
電圧 220-240V(50Hz
プラグタイプ O-type(ハの字型)
通貨 AUドル 1A$=約97円 (2014年7月現在)
両替 出発前に日本の空港内で両替をするか、現地空港の両替所で
チップ 基本的に必要ないが、良いサービスを受けたときや、荷物を運んでもらった際は1個につき2$程度
空港税 原則、出国税と共に航空券に込みで請求される

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ