観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み

ハルマヘラ

未開の秘境ダイビングスポット ハルマヘラ

インドネシアの北マルク州に浮かぶハルマヘラ島。そのゲートウェイとなるテルナテ空港へは、ジャカルタ又はデンパサール経由で入るのが最も効率的です。

地図上ではメナドのあるスラウェシ島とラジャアンパット諸島の中間に位置し、つい最近までは誰にも知られることなく、ダイビングの地図にも表示されていませんでした。
海中のポテンシャルの高さは、世界各国を潜り尽くしたベテランダイバーも驚くほどで、抜群の透明度と活き活きとした珊瑚礁に群れる色鮮やかな小魚たちはダイバーを魅了します。
今後世界的に注目を集めること間違いないNEWダイビングスポットです。

 

  • Weda Resort coral beauty
  • Weda Resort uw-beauty

ダイビング

様々な生き物が棲むサンゴの楽園

ピグミーシーホースやウミガメ、サメ、大きなタマカイと共に彩り豊かな魚たちが棲みつくサンゴの楽園です。険しいドロップオフからイソギンチャク畑が広がる浅瀬など、バリエーションが豊かなのもダイビングサイトの魅力です。

シーズナリティ

ダイビングシーズン: 9月~6月
※7、8月は強い風が吹き波が高くなる日があり、ダイビングボートが出せない日もございます。
透明度: 北海岸20~40m/東海岸10~25m/ハウスリーフ10~25m

ダイビングパッケージツアー

ダイビングパッケージプラン

<ガルーダインドネシア航空利用>
東京発はこちら  その他空港発はお問合わせください

スケジュール例

羽田発着 ガルーダインドネシア航空利用
最短7日間 参考スケジュール(毎日出発可/延泊自由自在)

1日目 羽田空港発 ✈ ジャカルタ・スカルノハッタ空港着
(入国手続き後、国内線ターミナルへ移動)
<ジャカルタ空港 ターミナル内待機>
2日目 未明、 ジャカルタ空港発 ✈ テルナテ空港着
到着後、送迎車とボートでリゾートへご案内(約4時間)
リゾートチェックイン後、フリー
※現地申込みにて午後ダイビングをお楽しみください。
<ウェダリゾート泊>
3~5日目 午前2ボートダイブ
リゾートに戻り昼食
午後1ボートダイブ
※現地申込みにてナイトダイブ(ハウスリーフ)も可能です。
<ウェダリゾート泊>
6日目 朝、リゾートチェックアウト
ボートと車で空港へご案内
テルナテ空港出発 ✈ メナド ✈ ジャカルタ空港着
(到着後、国際線ターミナルへ)
ジャカルタ空港出発 ✈ 羽田へ
<機内泊>
7日目 朝、羽田空港着

滞在リゾート&ダイビングサービス

究極のネイチャーエコリゾート ウェダリゾート

ハルマヘラ島の東海岸に位置するウェダリゾートは、自然との共存及びネイチャーエコの意識を重要視したネイチャーリゾートです。

リゾート裏は原始林のジャングルで、シロハタフウチョウという極楽鳥の王国です。また周囲5キロの範囲内でハルマヘラ島の28種の固有種のうち、24種がこのジャングルで確認されました。

 

  • wedaresort_aerial

    リゾート空撮

  • wedaresort_bungalows

    ネイチャーバンガロー

  • wedaresort_restaurant

    オープンエアのレストラン

  • bungalow_wedaresort2b

    エアコンはないが快適に過ごせる

  • bathroom

    温水シャワー&トイレ完備

  • weda-kayak2

    アクティビティも充実

周辺の地図



トラベルインフォーメーション

国名 インドネシア
首都 ジャカルタ
ロケーション 北マルク州 モルッカ諸島
最寄りの空港: テルナテ空港
利用航空会社: ガルーダインドネシア航空 ジャカルタ又はデンパサール、ウジュンパンダン経由羽田・成田・関西《毎日》
ビザ 2015年6月12日より、観光目的の日本人で且つインドネシア滞在期間が30日以内の場合は、ビザ取得義務が免除となりました。
パスポートの有効期限は入国時に6カ月以上必要となります。
時差 日本より-1時間
気候 熱帯雨林気候 乾季3月~10月 雨季11月~2月
平均気温 年間を通じて24~35℃前後
平均水温 28~30℃
適正スーツ 3又は5mmワンピース
透明度 15~30m以上
言語 公用語はインドネシア語、リゾートでは英語、日本人スタッフ常駐の所では日本語
電圧 220V(50Hz)
プラグタイプ 丸ピン二本のCタイプ
通貨 インドネシアルピア(Rp)1Rp=0.01円(2015年4月現在)
ルピアの他、USドルやユーロ、クレジットカードが使える(但し、リゾートによって違う)
両替 現地の空港や銀行、両替所、ホテルなどで日本円から両替可能。(日本の空港でルピアに両替できる銀行もあるが、現地より割高なのと、チップに使える小額紙幣がないので、避けたほうがいい)。帰国時、ルピアから円への両替はレートが悪いので、できるだけ使い切るぶんだけを両替するほうがよい。足りなければリゾートによってはクレジットカードやドル・ユーロなどでの清算も可能。
チップ 荷物を運んでもらったときや、ベッドメイクに対して1回10,000ルピアが目安。現地通貨への両替がまだで、ドルしか持っていない場合は荷物一個につき1ドル。あらかじめ日本で1ドル札を両替してもって行くほうがよい。
※注意 リゾートによっては、清算の際にフロントのチップボックス等に入れていただくようお願いしていて、スタッフへの個別のチップをお断りしている場合があります。

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ