観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み

ドンソール

一生分のジンベエザメとのランデブー

ドンソールでジンベエザメと飽きるほど一緒に泳ぐ

 日本から近いフィリピンで、ダイバーなら誰もが憧れるジンベエザメと飽きるほどに一緒に泳ぐことが出来るドンソール。透明度は5~10mとそれほどよくは無いけれど、大きさ2~8mくらい様々なジンベエが見られるのもここの醍醐味。1~5月の期間限定(ベストは2月・3月)だが、ジンベエスイム&ダイビングで、更に充実の内容になりました。2010年には新しいリゾートも誕生し、快適に過ごしていただくことができます。

  • ボートの出るドンソールのビーチ

  • ジンベエのいる海域には沢山のボートが集まる

  • フィンをはいていつでも飛びこむ準備

  • 濁った水の中からのそっと現われるジンベエ

  • ジンベエが出るまではボートの日陰で待機

  • 大きい。8mくらいはある

ドンソールとオスロブの違い

近年ジンベエフィーディングで話題を集めるセブ島のオスロブは、2009年頃よりスタートしました。 きっかけは、漁師の網からこぼれる小魚を食べに来たジンベエザメを漁師が見つけたことでした。 そこから毎日決まった時間に定期的に餌を与えることで、ジンベエが居付くようになり、 それが「ジンベエフィーディング」として街の一大観光イベントへ急成長しました。 したがってほぼ100%の確率で会えますが、水族館と同じく、あくまで人間により飼いならされたジンベエとなります。

一方、ドンソール湾では、古くから野生のジンベエザメが集まっており、漁師の網にかかったりしていました。 この海域にはおよそ数百等のジンベエザメがいるとされています。毎年1~5月ごろに掛けて集団で現われるので、出産のために集まるのではないかという話もありますが、依然詳しい理由は判っていません。 個体の大きさもオスロブに比べて一回り大きく、大きいものは8メートルを超えるジンベエも現れます。 またWWF(世界自然保護基金)による厳粛な管理の下に、 野生のジンベエを守るための条件(ダイビング器材を付けて海に入る事は不可等)を設けて、世界中のゲストが楽しめるようにジンベエスイムツアーを確立致しました。

人間の手が加わっていない自然の中で確立された「ジンベエスイム」が楽しめるのが、ドンソールの最も大きな魅力となります。ユーツアーでは2006年よりドンソールのジンベエスイムツアーの取り扱いを開始し、これまで送客したお客様すべてにジンベエザメと遭遇していただいています。

ジンベエスイムの概要

ドンソールでは午前と午後の1日2回のジンベエスイムのボートがスケジュールされていますが、ユーツアーでは可能な限り遭遇率の高い午前のボートトリップをお勧めしています。その為、ドンソール到着の初日は荷物をショップに置いたまま、到着してすぐにジンベエスイムのトリップに出かける為、やや慌しくなってしまいます。もし可能なら、マニラのホテルを出る際に、中に水着を着ておくとすぐに準備できてスムーズです。また、日程に余裕のある方は、初日の午後はのんびりリゾートで過ごし、翌日からジンベエスイムに参加する工程のアレンジも可能です。

 ジンベエのいる海域までは、ボートに乗ってからすぐで、約10分後くらいからサーチが始まります。ジンベエザメがそこにいれば他のボートも一箇所に集まってきているので、先に出航しているボートの動きも目安になります。最初にジンベエのところに到達してスイムをはじめたボートに優先権がありますので、見つかると我先にとボートが走ります。

 1回のボートは約3時間のトリップとなりますが、その間、目の良いガイドがジンベエザメを見つけるたびに、何度でも海に飛び込んでジンベエスイムを楽しむことができます。最も良い時期は例年2~3月頃と言われ、多いときには1回のトリップで20匹以上ものジンベエと泳いだ人もいます。シーズン始めと終わり頃には、ジンベエの出る確立が下がり、一回のトリップで1~2匹ということもあります。

補足

 以前は、初めてジンベエスイムに参加する場合、WWFツーリズムンターでの受付とジンベエスイムのビデオレクチャーを受けていましたが、現在はショップ単位での受付と口頭でのブリーフィングになっています。(ビデオレクチャーを受けるのはローカル受付のみ)

  • WWFツーリズムンター

  • ローカル対象のビデオレクチャー

  • WWFツーリズムンターの受付

ジンベエスイムのルール

  1. ジンベエザメに触ったり乗ったりしない
  2. ジンベエザメの泳ぐ進路や行動を妨 害しない
  3. ジンベエザメの尾びれから3m以上離れて観察すること
  4. 撮影する際は、フラッシュの使用禁止
  5. スクーバや水中スクーター、ジェットスキーは使用禁止
  6. 1匹のジンベエザメと一緒に泳げるのは6名まで
  7. 1匹のジンベエザメに対し、近寄れるボートは1隻まで

ジンベエスイム中、フラッシュを使用した撮影は不可、ジンベエザメの進路を邪魔したり、触れたりすることも厳しく禁止されています。ジンベエシーズンの始まりや終わりの時期にはジンベエが少なくなることから、1匹のジンベエに対して複数のボートが来たり、6名以上のスノーケーラーが来ることがあり、実際、現地のローカルショップによっては、ルールが守られていないケースも多く見うけられます。

利用ダイビングサービス:Fundive Asia

WWFツーリズムセンターの目の前にある老舗ショップ。アクセスもよくここが一番便利。ベテランガイドのボビー(右から3番目)は世界的にも有名。

  • Fun Dive ASIAのスタッフ

  • 店内

  • ジンベエを探すスタッフ

ダイビングパッケージツアー 一覧

ダイビングパッケージプラン

<フィリピン航空利用>
東京発はこちら  大阪発はこちら  名古屋発はこちら  その他空港発はお問合わせください

 

【利用リゾート】 ダンカランビーチリゾート

Dancalan Beach Resort

 

  •  

  •  

アメニティー類(各部屋共通)

  • バスタオル、石鹸 室内設備 エアコン、トイレ、シャワー、天井ファン

電源プラグ

  • 日本と同じAタイプ。但し電圧は220V

食事について

  • ドンソール滞在中の朝食は基本の宿泊代金に含まれています。 昼食と夕食はリゾート併設のレストランで各自でお召し上がりいただきます(現地支払い)

 

※上記の情報は諸事情により余儀なく変わる場合がございます。

【利用リゾート】 エリシアビーチリゾート

2010年1月、ドンソールに待望のニューリゾートが誕生

Elysia Beach Resort

elysiabeachresort

WWFツーリズムセンターからトゥクトゥクで2分。ドンソールで最も新しいビーチ沿いのホテル。韓国人の若いオーナー夫婦のきめ細かい気配りと、スタッフがとても丁寧で愛想も良く印象はとても良い。新しく、清潔感漂う敷地内は開放感のある雰囲気のいいスペースが広がる。客層はヨーロピアン。部屋を囲んだ真ん中にプールがあり、渚の音が響く。部屋はすべてデラックスタイプで15部屋。基本はダブルベットだが、15番と1番がシービュー。エクストラのベットのある3人用もある。シャワーの水圧は弱いが、湯は十分に出る。ドンソールで一押しのリゾート。

 

  • エリシアリゾートのプール

  • 清潔感あふれる室内

  • Deluxeタイプの外観

  • Deluxeルームとプール

  • レストラン

  • アラカルトの料理の一例

アメニティー類(各部屋共通)

  • バスタオル、石鹸 室内設備 エアコン、トイレ、シャワー、天井ファン

電源プラグ

  • 日本と同じAタイプ。但し電圧は220V

食事について

  • ドンソール滞在中の朝食は基本の宿泊代金に含まれています。 昼食と夕食はリゾート併設のレストランで各自でお召し上がりいただきます(現地支払い)

 

※上記の情報は諸事情により余儀なく変わる場合がございます。

【利用リゾート】 ティカオアイランドリゾート

Ticao Island Resort

ticaoislandresort_sub

ドンソールで2日以上ダイビングをする場合は、ボートで約2時間南下したティカオ島のティカオアイランドリゾートに滞在するのが良い。本格的なリゾート施設とダイビング施設もあり。ダイビングポイントのマンタボールや、サンミゲル島がすぐ側にある。
ティカオアイランドリゾートでのダイビングの詳細はこちら

 

  • ビーチフロントカバナの外観

  • ビーチフロントカバナの室内

  • ビーチフロントカバナのシャワートイレ

  • ビーチフロントカバナのテラス

  • バジェットルームの外観

  • バジェットルームの室内

  • バジェットルームの共同トイレ&シャワー

  • バジェットルームの共同トイレ入り口

  • フロントとレストラン

  • レストラン

  • アラカルトの一例

  • デザートのマンゴー

  • 夜は犬たちによるセキュリティー

  • リゾートの総スタッフ(おかまちゃんもいた

  • リゾートの裏側はすぐ牧場

アメニティー類(各部屋共通)

  • (ビーチフロントカバナ)バスタオル2枚、ハンドタオル1枚、固形石鹸、シャンプーコンディショナー

室内設備

  • (ビーチフロントカバナ):ダブルベット2つ、テラス、エアコン、トイレ、セイフティーボックス、ドライヤー、傘、物干し台、ハンガー、非常用懐中電灯、消火器、ポット、インスタントコーヒー&紅茶、ミネラルウォーター2本
  • (バジェットルーム):シングルベット2つ、扇風機、非常用懐中電灯、共同トイレとシャワー

電源プラグ

  • 日本と同じAタイプ。但し電圧は220V

食事について

  • ティカオアイランドリゾート滞在の場合は朝・夕食が含まれます。 ※上記の情報は諸事情により余儀なく変わる場合がございます。

スケジュール例

羽田深夜発 フィリピン航空利用
5日間参考スケジュール ※日・木・金深夜集合

1日目 深夜、羽田空港集合
<機内>
2日目 羽田空港⇒マニラ空港⇒レガスピ空港着
空港到着後、ドンソールへのリゾートへ送迎(車約70分)
到着後、午後のジンベエスイム(約3時間)
<ダンカランビーチゾート泊>
3日目 終日3ボートダイブ
(ドンソール周辺のダイビングポイントへご案内)
<ダンカランビーチゾート泊>
4日目 午前のジンベエスイムへご参加
午後はフリータイム
<ダンカランビーチゾート泊>
4日目 リゾートをチェックアウト後、空港へ送迎
午前 レガスピ空港発⇒マニラ空港着
マニラ発⇒羽田空港へ

利用航空会社:フィリピン航空またはセブパシフィック航空

利用ダイビングサービス:

  • Fundive Asia

利用ホテル:

  • Dancalan Beach Resort

最小催行人員:1名様 (別途:1人部屋追加代金+送迎代追加代金)

別途必要費用

  • 飲食代
  • 空港使用料
  • 海外空港諸税
  • 燃油サーチャージ
  • チップ等

※他に関西・中部・福岡発プランもあります

アクセス

ドンソールへのアクセス

フィリピン航空で成田からマニラまで(約5時間)、マニラで一泊し、翌朝マニラから国内線でルソン島南部のレガスピ空港へ(約1時間)。レガスピ空港から送迎車でドンソールのリゾートまで約70分。

2009_11_07

トラベルインフォメーション

国名 フィリピン共和国
首都 マニラ
ロケーション ドンソール
最寄りの空港 レガスピ空港
利用航空会社 フィリピン航空マニラ経由
成田・関西・中部・福岡から毎日
ビザ 21日間以内の滞在ならビザ不要。(入国時にパスポートの残存期間が滞在日数+6カ月
時差 日本より-1時間
気候 熱帯性気候。雨季6月、7~9月は海が荒れる
平均気温 29-38℃以上
平均水温 26-30℃
適正スーツ スイムの場合はラッシュガード、ダイビングの場合は3mmワンピース
透明度 5-15m以上
言語 公用語は英語・タガログ語
電圧 110-220V(60Hz)
プラグタイプ A-type(日本と同じ)稀にC
通貨 ペソ 1Peso=約2.4円 (2014年4月現在)
ペソ、USドルが使える
両替 国際線到着時のマニラ空港国際線ターミナル内の両替所が良い。帰国時、ペソから円への両替はレートが悪いので、できるだけ使い切るぶんだけを両替するほうがよい
チップ 特別に何かサービスをしてもらったときに20~50ペソ程度
空港税 国際線、国内線でそれぞれ必要。基本的に現地空港でのチェックイン時に支払う。 レガスピからの国内線50ペソ、マニラからの出国時、出国税550ペソ。

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

乗り継ぎついて

マニラでのスムーズな国内線乗り継ぎと時間の余裕を図る為、日本での出発時、航空会社のカウンターでチェックインする際には座席を前方通路側にて希望することをお勧めします。

 

両替について

ペソへの両替は、日本でするよりマニラについたとき、イミグレーションを出るとすぐ左にある、ターミナル内の両替所で換金するのがベストです。必ず100ペソ札以下の小額紙幣を混ぜてもらうように希望してください。500や1000ペソ札はお釣りがないと断られることが多いです。

 

受託手荷物について

フィリピン航空のエコノミークラスのチケットの場合、成田/名古屋発の場合は個数制で1個あたり23kg以内が2個まで無料、大阪/福岡発は重量制で23kg1個まで無料。いずれも3辺の和が158cmを超えないこととなりました。(2014年8月現在)詳しくはこちらをご覧ください。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ