観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み

アニラオ

アクセス便利なフィリピンのダイバーズ天国、アニラオ

フィリピンの首都マニラから車で約2時間半、アクセス便利な立地にあるにも関わらず、様々な魅力を持つフィッシュウォッチングの聖地アニラオ。

外洋から絶えず流れ込む新鮮な潮を受け、多種多様な水中生物と、活き活きと育ったサンゴを観察出来るフィリピン屈指のサンクチュアリ。

ギンガメアジのトルネードやアニラオの人気者ウミガメ、カメラ派ダイバーを魅了する珍しいマクロ生物に、ダイナミックなドリフトダイビングなど、ビギナーからベテランまで全てのダイバーを魅了する海がアニラオの魅力。

アニラオでよく見られる生物

<ワイド・大物系>
ギンガメアジ、ロウニンアジ、バラクーダ、サラサハタ、イヌザメ、タイマイなど

<マクロ系>
ゴールドスペックジョーフィッシュ、ハナヒゲウツボ、ゼブラアナゴ、ヘアリーフロッグフィッシュ、オオモンカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウ、ボロカサゴ、ハナミノカサゴ、ハダカオコゼ、ツノカサゴ、カクレクマノミ、ハナクマノミ、オキスズメ、ピグミーシーホース、イバラタツ、シマヤッコ、ゼブラバットフィッシュ、クマドリキンチャクフグ、カニハゼ、ニシキテグリ、ミジンベニハゼ、アケボノハゼ、チゴベニハゼ、ニチリンタテハゼ、メラネシアンアンティアス、クダゴンベ、コウリンハナダイ、アンギュラーフェアリーラス、ミミックオクトパス、ココナッツオクトパス、ミナミハナイカ、各種ウミウシ

 

  • mag7
  • mag8
  • mag9
  • mag10
  • mag11
  • mag12
  • mag13
  • mag14
  • mag15
    写真提供:Villa Magdalena

アニラオのシーズナリティー

平均気温は30~33℃
乾季4~6月、台風シーズン7~10月頃
11月~12月は冬の北風が吹き始めるので、行けるポイントが限られる日がある。
1~3月は天気は良いが、風がある。
どこのポイントでも行きやすいベストシーズンは4月~6月オスロブのジンベエザメは9月~いつまで出るかまだ判らない(2011年~)。

平均 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
気温 24-32℃ 24-32℃ 24-32℃ 27-33℃ 27-33℃ 27-33℃ 27-33℃ 27-33℃ 27-33℃ 27-33℃ 27-33℃ 27-33℃
水温 28℃ 28℃ 29℃ 29℃ 30℃ 30℃ 30℃ 30℃ 30℃ 29℃ 29℃ 29℃
透明度 20m 20m 20m 20m Over 20m Over 20m Over 20m 20m 20m 20m 20m 20m

情報提供:Takehiro Sugahara / Villa Tropical Paradaise Resort

アニラオのダイビング

すべてバンカーボートによるボートダイビング。リゾートの目の前の浅瀬ビーチから小型ボートにいったん乗り、そこからバンカーボートに乗り移る。ダイビング機材はスタッフがすべて運んでくれるので、カメラ機材とスーツだけ自分で運べばOK。リロアン周辺のポイントで潜る場合は、昼食時にリゾートに潜って食事をとるが、遠征する場合はお弁当を持って行き、ボート上で昼食をとって、その後に3本目を潜る。

 

  • mag17

    フィリピン特有のバンカーボート利用

  • mag18

    経験豊富なダイビングスタッフ

  • mag19

    リゾートの目の前には青い海

ダイビングパッケージツアー 一覧

ダイビングパッケージプラン

<フィリピン航空利用>
東京発はこちら  大阪発はこちら  名古屋発はこちら  その他空港発はお問合わせください

 

滞在リゾート&ダイブセンター

Villa Magdalena

2014年5月 Newオープン。日本人夫婦が営むダイバーのために造られたダイビングリゾート。

オーナーの大澤氏は、同じくアニラオにあるパシフィコアズールリゾートのマネージャーを経て、2014年に独立し、このヴィラマグダレナをオープンさせた。

全16部屋のこじんまりとしたリゾートで、スタッフのアットホームな雰囲気は多くのお客様より好評を頂き、毎年リピートされるダイバーもいる。

  • mag1

    白を基調にしたビーチリゾート

  •  mag2

    リゾート屋上からの眺め

  • mag3

    サンセット

  • mag4

    客室(シービュールーム)

  • mag5

    レストラン

  • mag6

    リゾート前ハウスリーフ

アメニティー類(各部屋共通)

  • バスタオル、フェイスタオル、ボディーソープ、シャンプー、固形石鹸

室内設備

  • エアコン、トイレ、温水シャワー

電源プラグ

  • 日本と同じAタイプ。但し電圧は220V

食事について

  • ヴィラマグダレナでの食事は、フィリピン料理の中で日本人の味覚に合うものを選んで提供している。
    スペインと中国、マレーの要素が混ざり合った料理で、辛すぎず日本人にも食べやすい味。
    フィリピンスタイルの大皿から取り分けるスタイルとなるが、日によっては日本食を提供する日もある。

携帯電話

  • 普通に通じる

Wi-Fi

  • レストラン付近にて無料で利用可能

リゾートでの支払い

  • ペソ、円、ドルで支払い可能

※上記の情報は諸事情により余儀なく変わる場合がございます。

スケジュール例

フィリピン航空利用
4日間参考スケジュール

1日目 成田・関空・中部・福岡 ⇒ マニラ
マニラ到着後、車でアニラオへご案内(約2時間)
<Villa Magdalena泊>
2日目 1日基本3ボートダイブ
<Villa Magdalena泊>
3日目 1日基本3ボートダイブ
潜水後の飛行機搭乗推奨事項に従い、最終日のダイビングは御自身の責任で潜ってください
<Villa Magdalena泊>
4日目 朝、送迎車にて空港へご案内(約2時間)
マニラ ⇒ 成田・関空・中部・福岡

利用航空会社:フィリピン航空

利用ダイビングサービス:

  • Villa Magdalena

利用ホテル:

  • Villa Magdalena

最小催行人員:1名様 (別途:1人部屋追加代金+送迎代追加代金)

 

別途必要費用

  • 空港使用料
  • 海外空港諸税
  • 燃油サーチャージ
  • 環境保護税200ペソ/1日

海況などによって、ポイントやスケジュールは変更になる場合がございます。上記の情報は現地の諸事情により余儀なく変更されている場合がございます。

ダイビングサイト

ポイントピックアップ

アニラオには30を超えるダイブサイトがある。
どのポイントもリゾートから近く、ほとんどのサイトまでボートで30分以内で行くことが出来るので、船酔いが心配な方にも優しい海。

またアニラオのダイブサイトは珊瑚エリアや岩礁エリア、砂地エリア、泥地エリア、ドリフトエリアなど変化に富んでおり、そこに生息する生物も多種多様。何度潜っても飽きない海がアニラオの魅力。

●ヴィラ・マグダレナ
リゾート前のハウスリーフ。ダルマハゼ多数。浅場が楽しいサンゴエリア。潮通しがよいので遠くまで行ってしまうと、帰ってくるのが一苦労。

●ツインロックス
ギンガメアジの群れが棲んでおり、遭遇率90%以上。ダイバー慣れしており逃げないので、観察や写真取り放題。アニラオに3箇所あるサンクチュアリの中で最も魚影の濃いポイントで、ギンガメアジの他にキンセンフエダイやベンガルフエダイの群れにも遭遇出来る。

●カテドラル
水深18~40メートル。1982年にラモス国防長官(後の大統領)が沈めた大理石の十字架のある懺悔ポイント。アニラオサンクチュアリの一つで、浅場のサンゴは見ごたえ十分。深場はアカオビサンゴアマダイ、バーリーシグナルフィッシュなどを見ることが出来る。

●シークレットベイ
水深5~30メートル。粗い砂地のエリア。2009年以降マクロのポイントとしてブレイク。ニシキフウライウオ、ツノカサゴ、ゴルゴニアンシュリンプ、カエルアンコウ、イバラタツ、トゲツノメエビなどのマクロポイント。ハナダイ好きであれば、フトモイアンティアスがアニラオでは一番浅い水深で観察できる。

●ソンブレロ
水深12~13メートル。アニラオらしいサンゴと小魚のたくさんいるポイント。キンギョハナダイ、メラネシアンアンティアスの群れと戯れたかったらココ。10種類のハナダイが集まるのはここだけ。ソンブレロの西側のリーフを潜るが、右と左の2本にわけて潜れるほど広いエリア。左側はなだらかなリーフにスリバチカイメンがたくさん。右側にはショートウォール。

●キルビスロック
水深18~40メートル以上。20メートル級の岩が二つ沈んでおり、ウォールダイブのような感覚を楽しめるポイント。すぐに深くなるので、浅いところから深いところまで満遍なく生物が観察でき、カメラ派ダイバーやフィッシュウォッチング好きには大人気。深場はルソンハナダイ、ベニハナダイ、スミレナガハナダイ、スジハナダイなどのハナダイ系。ハゼはアケボノハゼ、ボルケーノシュリンプゴビーなど。岩肌にはウミウシ各種、オオモンカエルアンコウ、キンギョハナダイ、ピグミーシーホースに、アニラオの他のポイントでは殆ど見れないニシキアナゴも見逃せない。

●ダリラウト
水深20~30メートル。アニラオでは珍しいレックポイント。鉄骨の骨組みが沈んでいる。水上レストランが廃業したあと、そのまま沈めてレックにしたポイント。潮通しが悪いため透視度はあまり期待できないが、どよんとしたところを好む魚が多く見られる。シモフリタナバタウオ、ニシキフウライウオなど。ゴールドスペックトジョーフィッシュはそこらじゅうにいる。レックの中はツバメウオの群れ、クダゴンベ、カニハゼ、カンムリニセスズメ、ニチリンタテハゼなど。

●マイニット
水深18~27メートル。アニラオ半島の先端をC字型に潜る。時によく流れ、ロウニンアジ、バラクーダ、ブラックチップシャーク、イソマグロなど。ウミガメも比較的よく見られる。岬を回った潮止まりエリアにはハナヒゲウツボやウミウシなど。先端を回った後にある沖の岩の辺りは、流れているときはダウンカレントが発生するので上級者向き。

アクセス

アニラオへのアクセス

成田・羽田・関空・名古屋・福岡より、フィリピン航空にマニラへ(約4時間)。

マニラ空港から送迎車で約2時間で、アニラオ到着。

トラベルインフォメーション

国名 フィリピン共和国
首都 マニラ
ロケーション バタンガス州 アニラオ
最寄りの空港 マニラ国際空港
利用航空会社 フィリピン航空
成田・羽田・関西・中部・福岡から毎日
ビザ 21日間以内の滞在ならビザ不要。(入国時にパスポートの残存期間が滞在日数+6カ月
時差 日本より-1時間
気候 4~6月は雨も風も無くベストシーズン。7~9月は台風の影響が出る場合がある
平均気温 24-32℃以上
平均水温 28-30℃(年間を通して大きな変化はない)
適正スーツ 3mm+フードベスト、または5mm
透明度 平均15-20m以上 泥地は波によって濁ることもあり
言語 ビサヤ語、英語、リゾートでは日本語可
電圧 220V(60Hz)
プラグタイプ A-type(日本と同じ
通貨 ペソ 1Peso=約2.6円 (2014年11月現在)
リゾートでは円、ペソ、USドルが使える
両替 国際線到着時のマニラ空港国際線ターミナル内の両替所が良い。帰国時、ペソから円への両替はレートが悪いので、できるだけ使い切るぶんだけを両替するほうがよい
チップ 特別に何かサービスをしてもらったときに20~50ペソ程度
空港税 フィリピン出国税550ペソ

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ