観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み

ヌメア イルデパン

ニューカレドニアのダイビング

世界で第2位の大きさを誇るバリアリーフを持つニューカレドニアの海は、水中生物のサンクチュアリ。
ブラックマンタや大物は勿論の事、南半球およびニューカレドニア固有種など様々な魚が期待できる。ダイビングポイントが自然保護区に指定されているため、ゆったりとした雰囲気の中、フィッシュウォッチングを堪能できる。

安心のダイビングサービス ALIZE/アリゼ 

ニューカレドニアで唯一、日本人経営で、日本人が主体となったダイビングショップ。日本人インストラクターだからこそ出来る、きめ細やかなサービスと親切丁寧なガイドでニューカレドニアの海を案内します。
従来の、午前中2ダイブのみというスタイルが一新、2016年より、午後の1ダイブも可能になりました(天候・海況によります)
アリゼでは、通常のダイビングボートの他、2007年より新艇「ピクティリス」を導入。 高速クルーザーで遠方のポイントへの移動時間も短縮、船内はダイビング用に設計されており、より快適なダイビングをお楽しみ頂くことが出来ます。※ご利用頂くボートについては、ダイビング当日の海況、船のメンテナンス等の諸事情により異なります。
  • IMG_0566

    アリゼの日本人スタッフ

  • AmphiprionJPGアンフィプリオン号
  • Pictilis

    ピクティリス号

     

豊富なダイビングポイント

ヌメアの大まかなダイビングエリアは、メトル島周辺スポット、アメデ灯台周辺スポット、タンベア周辺スポットの3つのエリアで、ダイビングのレベルに問わず満足できるポイントが沢山あります。

初心者からOKなポイント「テパバ」でも、マンタ、ブラックマンタとの競演は勿論の事、フォト派に嬉しいマクロ面も優秀な大物、小物のバランスが良い、何度でも潜りたくなる一推しポイント。

首都ヌメアから国内線で25分、世界遺産のラグーンの南端に位置するイルデパンとの組み合わせも人気。イルデパンは元気なソフトコーラル、マクロ、大物に加え、幻想的な水中洞窟などの地形も楽しめます。

nisekurohoshifuedaipainted_antiasucoral

 

 

ダイビングパッケージプラン

ダイビングパッケージプラン

東京発はこちら  その他空港発はお問合わせください

 

スケジュール例

エアランカ航空利用
成田発 5日間参考スケジュール

1日目 午後 成田空港発–ヌメア着
ホテルヘ送迎
<ホテル泊>
2~3日目 2ダイブ×2日間
天候・海況が良ければ3本目も可能(現地追加)
4日目 フリー
お部屋は11時までご利用いただけます
夜、空港へ送迎
5日目 深夜ヌメア–朝 成田空港着

 

周辺の地図



トラベルインフォーメーション

 

国名 フランス領ニューカレドニア
首都 ヌメア
ロケーション グランドテール島 イルデパン島など
最寄りの空港 ヌメア
利用航空会社 エアカラン
ビザ 日本国籍で3ヶ月以内の滞在の場合は不要
入国時に滞在日数+3ヶ月以上の有効期間、未使用査証欄は見開き2ページ以上必用
時差 日本時間+2時間
気候 亜熱帯気候に属し年間平均気温は24℃前後。一年を通してさわやかな気候が続く。南半球にあるため、1~2月が真夏(平均気温27℃)、7~8月は冬(平均気温20℃)。春~初夏にあたる9~12月は比較的雨も少ない
平均気温 年間を通じて24℃前後
平均水温 12月~4月 27℃
5月~6月 25℃
7月~11月 22~24℃
適正スーツ 3~5mm
透明度 15~30m以上
言語 公用語はフランス語。ヌメアのホテルなどは英語も通じるが離島や北部エリアは英語も通じない場所が多い
電圧 220~240V 50Hz
プラグタイプ C型
通貨 フレンチパシフックフラン(CFP)
€1=119.33CFPが固定レート
チップ チップの習慣は無い
空港税 パラオご出国時には、出国税($20)に加え、環境税($30)が徴収されます。空港にてお1人様/$50.00を米ドルの現金、もしくはトラベラーズチェックでお支払いください。。

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ