観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み

北リロアン(セブ北部)

新マクロ天国 セブ北リロアン

生息深度の常識を覆すNEWスポット

セブ・マクタン空港から車で約30分。北セブのNEWダイビングスポット、リロアン。
他の海域で主役級のレアなマクロ生物が、水深10mにも満たない浅場で次から次に現れ、生息深度の常識を覆す驚きのダイビングスポット。浅場なので減圧症のリスクも少なく、初心者からベテランダイバーまで、じっくりとフィッシュウォッチングを楽しめる。

▼レアものと呼ばれる生物の生息深度(最浅)
水深3m    タンザクハゼ属(ブルーリボンゴビー),オニツノハゼ、ヒレナガネジリン
水深4m    タツノイトコなどタツノオトシゴの仲間、フィコカリス・シムランス
水深5~6m  ヒレナガネジリンボウ、ミミックオクトパス、アカタチ

 

  • a

    水深:2.8m
    ポイント:ボートで3分 RSN

  • ds

    水深:16m
    ポイント:ショップの目の前のビーチ

ダイビングサービス&リゾート

アクアバディズ セブ  Aqua Buddies CEBU

boss

セブのレアものマスターことBOSS鈴木氏が率いるアクアバディズセブ。
ゲスト一人一人の細かいリクエストに応え、次から次にレアものマクロ生物を見つけ出すアクティブガイディングは、初心者からベテランまで全てのダイバーを虜にする。一本一本をじっくりと潜るスタイルは、フィッシュウォッチを目的としたカメラ派ダイバーにおすすめ。

滞在先は、海沿いにひっそりと建つボードウォークリゾート。リゾート敷地内にダイビングサービス(アクアバディズ)が併設されているため使い勝手も良く、ゲストのほとんどがダイビング目的というダイバーズリゾート。スタッフの心のこもった丁寧なサービスも好評。

 

 

 

  • MG_0182

    客室外観

  • MG_0454

    広々とした部屋で使い勝手抜群

  • MG_0136

    もちろんプール設備完備

▼リゾート施設
客室 : ダブルベッド及びツインベッドの設定あり ※全室エアコン、トイレ、ホットシャワー完備
施設 : プール、レストラン

▼ダイビングスケジュール
基本1日3ボートダイブ
07:30頃  朝食
08:30頃  ボート出発後、1本目エントリー
11:00頃  2本目エントリー
12:30頃  一旦リゾートに戻り、昼食
14:00頃  ボート出発後、3本目エントリー ※現地申込み
16:30頃  リゾートへ

 

シーズナリティー

平均気温は30~35℃
ベストシーズンは3~5月頃で穏やかな日(ベタ凪ぎ)が多い。 3~7月頃まで夏シーズン
6月頃から風が吹き始め、8-10月は台風が発生することがある。2月頃まで風の影響を受ける日がある。

平均 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
気温 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃ 30-35℃
水温 26-27℃ 26-27℃ 26-27℃ 26-27℃ 26-27℃ 28-29℃ 28-29℃ 28-29℃ 28-29℃ 28-29℃ 28-29℃ 26-27℃
透明度 15-20m 15-20m 18-20m 18-20m 18-20m 15-20m 15-20m 15-20m 15-20m 15-20m 15-20m 15-20m

マリンライフの宝庫 コーラルトライアングル

ダイビングパッケージプラン

ダイビングパッケージプラン

東京発はこちら  大阪発はこちら  名古屋発はこちら  その他空港発はお問合わせください

 

スケジュール例

フィリピン航空利用
基本5日間 参考スケジュール

1日目 成田・関空・名古屋(直行又はマニラ経由)⇒セブ
空港到着後、ホテルへ送迎(車)
<ボードウォークリゾート泊>
2日目 終日2ボートダイブ(リロアン湾内) ※現地申込にて追加ダイブ可能です。
<ボードウォークリゾート泊>
3日目 終日2ボートダイブ(リロアン湾内) ※現地申込にて追加ダイブ可能です。
<ボードウォークリゾート泊>
4日目 終日2ボートダイブ(リロアン湾内) ※現地申込にて追加ダイブ可能です。
<ボードウォークリゾート泊>
5日目 朝、空港へ送迎(車)
セブ(直行又はマニラ経由)⇒成田・関空・名古屋

利用ダイビングサービス:

  • アクアバディズ

利用ホテル:

  • ボードウォークリゾート

最小催行人員:1名様 (別途:1人部屋追加代金+送迎代追加代金)

 

別途必要費用

  • 空港使用料
  • 海外空港諸税
  • 燃油サーチャージ

 

海況などによって、ポイントやスケジュールは変更になる場合がございます。上記の情報は現地の諸事情により余儀なく変更されている場合がございます。

周辺の地図

トラベルインフォメーション

国名 フィリピン共和国
首都 マニラ
ロケーション セブ島北
最寄りの空港 セブ・マクタン国際空港
利用航空会社 フィリピン航空セブ直行便またはマニラ経由
成田・羽田・関西・中部・福岡から毎日
ビザ 21日間以内の滞在ならビザ不要。(入国時にパスポートの残存期間が滞在日数+6カ月
時差 日本より-1時間
気候 4-6月は雨も風も無くベストシーズン、7~9月は台風の影響が出る場合がある
平均気温 24-32℃以上
平均水温 28-30℃(年間を通して大きな変化はない)
適正スーツ 3mm+フードベスト、または5mm
透明度 平均15-20m以上 泥地は波によって濁ることもあり
言語 ビサヤ語、英語、リゾートでは日本語可
電圧 220V(60Hz)
プラグタイプ A-type(日本と同じ
通貨 ペソ 1Peso=約2.7円 (2015年5月現在)
円、ペソ、USドル、ユーロ、クレジットカードなどが使える
両替 国際線到着時のマニラ空港国際線ターミナル内の両替所が良い。帰国時、ペソから円への両替はレートが悪いので、できるだけ使い切るぶんだけを両替するほうがよい
チップ 特別に何かサービスをしてもらったときに20~50ペソ程度
空港税 セブから出国する場合は出国税750ペソ(現地払い)
マニラから出国する場合は出国税550ペソ(日本払い)

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

乗り継ぎついて

マニラでのスムーズな国内線乗り継ぎと時間の余裕を図る為、日本での出発時、航空会社のカウンターでチェックインする際には座席を前方通路側にて希望することをお勧めします。

 

両替について

ペソへの両替は、日本でするよりマニラについたとき、イミグレーションを出るとすぐ左にある、ターミナル内の両替所で換金するのがベストです。必ず100ペソ札以下の小額紙幣を混ぜてもらうように希望してください。500や1000ペソ札はお釣りがないと断られることが多いです。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ