観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み

フーコック

ベトナム最後の秘境 フーコック

new_med_beachxs

フーコック島はベトナム南西部シャム湾にあるベトナム最大の島(日本の淡路島と同じくらいの大きさ)。ベトナム本土から約40km離れており、島全体の約7割が国立公園に指定されている。
フーコックが「ベトナム最後の秘境」と呼ばれる所以は、ベトナム一と言われる夕陽の美しさからきており、島の西側に伸びるロングビーチからは橙色に輝く幻想的なサンセットを楽しめる。
一昔前まではベトナム人の観光スポットということで外国人にはあまり知れ渡っていなかったが、近年はリゾート地として高級ホテルなどの開発が進み、観光スポットとしてもナイトマーケットやシーフードグルメのレストランなど次々とオープンしている。ベトナムの穴場的リゾートとして世界各国からの注目を集めるビーチスポットとなっている。

 

  • new_new_new_med_mai-house

    西海岸に伸びるロングビーチ

  • new_Lovely beach

    南国リゾートならではの青い空

  • new_new_med_PQ17

    サンゴで出来た白砂のビーチ

フーコック ダイビング

フーコックのダイビングの魅力は、活き活きと群生した手付かずのサンゴ礁とそこを棲み処とする色とりどりのマクロ生物。また各ダイブサイトに点在する迫力ある巨石の数々は一見の価値あり。
ダイビングサイトは大きく北エリアと南エリアに分かれており、いずれも終日かけて参加するボートでのデイトリップ。

シーズナリティ
熱帯性モンスーン気候
乾季 11~4月(ダイビングシーズン)/雨季6~10月

乾季は比較的海況も穏やかで、フーコックならではの美しい青い海を楽しめる。気温も暑い日は35℃前後まで上昇し、湿度も高くなる。雨季の7~9月はモンスーンシーズンにあたり、風、波ともに高くなるのでダイビング不可。

気温 31-23℃ 31-24℃ 32-25℃ 33-25℃ 32-26℃ 32-26℃ 30-25℃ 30-25℃ 30-25℃ 30-24℃ 31-24℃ 31-23℃
降水量 28㎜ 25㎜ 50㎜ 124㎜ 207㎜ 253㎜ 341㎜ 377㎜ 320㎜ 290㎜ 138㎜ 55㎜

 

  •  new_Nudi060909b
  • new_DSC_0166b
  • new_Octopus3b
  • new_Moray-Eel5b
  • new_Coral three
  • new_Hawkfishb

利用ダイビングサービス / RAINBOW DIVERS フーコック店

new_med__DSC3186

ベトナム国内の各地でダイビングサービスを手掛けるPADI 5スターのレインボーダイバース。(フーコック、ニャチャン、コンダオ、ホイアン、クジラ島)
1999年にオープンして以来、安全第一をモットーに、経験豊富なダイビングガイドが隠れた魅力を持つベトナムの海へナビゲート。体験ダイビングや各種ライセンス取得コースなども開催可能。

ダイビングパッケージツアー

ダイビングパッケージプラン

<ベトナム航空利用>
東京発はこちら  大阪発はこちら  名古屋発はこちら  その他空港発はお問合わせください

スケジュール例

ベトナム航空利用5日間 参考スケジュール

1日目 午前、成田/関空/中部発 ✈ ホーチミン ✈ 夜、フーコック到着
車でホテルへ送迎 <ホテル泊>
2日目 北部エリアにて2ボートダイブ(07:00発~13:00着予定) <ホテル泊>
3日目 南部エリアにて3ボートダイブ(07:00発~17:00着予定) <ホテル泊>
4日目 出発までフリータイム
夕方、空港へ送迎
フーコック ✈ ホーチミン経由 ✈ <機中泊>
5日目 朝、成田/関空/中部着

 

利用航空会社:ベトナム航空

最小催行人員:1名様から

 

別途必要費用

  • 海外空港諸税
  • 燃油サーチャージ
  • 飲食代

海況などによって、ポイントやスケジュールは変更になる場合がございます。上記の情報は現地の諸事情により余儀なく変更されている場合がございます。

ダイビングサイト

▼North Dive Site (北エリア)
ボートで約1.5時間 / 1日2ボートダイブ(7時~13時)

<Turtle Island>
深いところで水深約12m。色鮮やかな小魚たちが生息し、スズメダイやフュージュラーの群れを見ることができる。
またフーコックダイビングの魅力の一つである水中の巨石も迫力満点。浅場はハードコーラル、イソギンチャク、クマノミのコロニー(Pink Anemone Fish)など、バラエティーに富んだダイブサイト。

<Nail Island>
干潮時にはフーコック本島と繋がる。砂地に大きな岩が散らばっており、それらが数多くのマクロ生物の隠れ家となっている。(Octopuses, Mantis Shrimps and Toadfishes)

<Nudibranch Garden>
名前の通り、多くのウミウシが生息するサンゴと岩で形成された浅いリーフポイント(水深7~10m)。
Godiva Nudibranchやその他の珍しいウミウシを見ることができる。岩陰にはBamboo Sharkが隠れていることもある。

 

▼South Dive Site (南エリア)
ボートで約2.5時間 / 1日3ボートダイブ(7時~17時)

<Turtle Island>
多種多様な手付かずのサンゴが魅力のダイビングサイト。Butterfly fish speciesのコロニーがあり、岩礁ではEagle rayの目撃情報もある。水深は約18mで島の南側は流れが速い。

<May Rut>
南エリアの最南端のポイント。活き活きとしたサンゴ礁が魅力で、水深約10mと比較的浅いのでスノーケリングツアーでも人気のエリア。

<Roi Island>
海岸には真珠の養殖場が並ぶ。比較的穏やかな流れで島の周りはサンゴ礁に覆われている。Cuttlefish, Glass shrimpなど多くのマクロ生物が生息。島の南側では岩肌にしがみつく見事なGorgonian fansを見ることが出来る。

<Dam Island>
ウミウシと色鮮やかな小魚がサンゴ礁に身を隠しており、ガイドの腕の見せ所。風が強い場合はダイビング不可。

<Dragon Rock>
非常に大きな巨石が並ぶ水中風景は迫力満点。多くのエンゼルフィッシュが生息し、フーコックのプレミアダイブサイトの一つとして人気。

<2 Coconut Reef>
水深8mから20mにかけて手付かずの花サンゴの庭園が広がる。フグやPipefish、各種タツノオトシゴなどサンゴに隠れたマクロ生物を見ることができる。

アクセス&マップ

フーコックへのアクセス

日本からフーコックへはホーチミン経由(又はハノイ経由)で入るのがベストで、成田からホーチミンへは約6時間のフライト。ホーチミンからフーコックへはベトナム航空の国内線で約1時間。

成田/中部/関空 ✈ ホーチミン経由 ✈ フーコック

トラベルインフォメーション

国名 ベトナム社会主義共和国
首都 ハノイ
ロケーション フーコック
最寄りの空港 フーコック空港
利用航空会社 ベトナム航空
ビザ 入国時にパスポートの残存有効期間が3ヵ月以上必要。出国用の航空券を持つ日本人に対しては、15日間以内の滞在ならビザは不要。16日以上滞在する場合はビザが必要。30日以内に再度入国する場合はビザが必要になる。
時差 日本より-2時間
気候 5~9月 雨季/10~4月 乾季
※ダイビングは乾季のみとなります。
平均気温 27~32℃
平均水温 28~31℃(乾季)
適正スーツ 3~5mmワンピース
透明度 約10~15m
言語 ベトナム語、英語(一部)
電圧 220V(50Hz)
プラグタイプ AとCの複合型、ホテルには変換アダプターを備えていることが多い
通貨 ベトナムドン 10,000VND≒約55円 100円≒18,300VND(2015年11月現在)
両替 出発前に日本の空港内の一部銀行で両替可能、または現地国際空港内の両替所で
チップ 普段はチップの習慣が無いが、ホテルのベルボーイに荷物を運んでもらった際は10,000VND程度渡すのが慣例
空港税 原則、出国税と共に航空券に込み

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ