観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土日祝休み

パシフィックハーバー

美しい海岸線とシャークダイビングの聖地

PB160866 - コピー

フィジー本島(ビチレブ島)南部のパシフィック・ハーバー(ベンガ・ラグーン)は世界屈指のダイビングエリア。その目玉とも言えるのが、海洋保護区としてサメの保護も力を入れているリーフで行う「シャークフィーディング(サメの餌付け)」。2007年にヨーロッパのダイビングショーで、世界ナンバー1のダイブサイトにも選ばれたこともある、大迫力のダイビングが世界中のサメ愛好家を魅了し続けている。

サメのインパクトの強いベンガだが、サメ以外の魅力ある見どころも多いベンガの海。水中はバラエティに富んだ複雑な地形が特徴になっており、色鮮やかなソフトコーラルの群生が、まるで竜宮城のように美しい。

宿泊ホテルのエリアは大きく分けて2つ。パシフィックハーバー(ビチレブ島)の海岸線沿いと、沖に浮かぶベンガ島や小島に点在しています。どのリゾートもダイビング施設は充実。お好みのリゾートをベースに、ダイビングを満喫。手つかずの大自然に囲まれた秘境の魅力もお楽しみください。

 

シャークダイビング

餌の匂いを嗅ぎつけて集まってくるサメたちにガイドが直接手から餌付けする様子を、着底して岩陰に隠れながらじっくり観覧。
ダイビング中は複数のサメ避けの棒を持ったガイドがゲストのすぐ近くにいるので、安全面も考慮しており、初めての方でも安心。
また、岩陰から横1列になって見るので自分のペースでカメラ撮影が可能。同じポイントを2ダイブなので、1本目でシャッターチャンスを逃したとしても2本目で納得いく1枚が撮れるかも!手を延ばしたら届きそうな目と鼻の先を横切る迫力満点のサメたちに心奪われること間違いなし!

▼シャークダイビングにて見れるサメ
・Bull shark ・Silvertip shark ・Gray reef shark ・Whitetip shark ・Blacktip shark
・Tawny shark ・Sicklefin shark ・Tiger shark etc..

  • PB181017
  • PB181047
  • PB181194
  • PB181023
  • PB181044
  • PB181075

気候

気候は12月から4月が雨季(&ハリケーンシーズン)となり、5月から11月が乾季となる。気温は平均して25度以上で、乾季の夕方の寒い時でも21度ぐらいです。水温は年間通して平均25度以上。3mmショートから潜ることができます。
通年ダイビングを楽しめますが、ベストシーズンとなるのは乾季の5月から11月となります。

利用リゾート

ザ・パールリゾート&スパ

PB160840

壮大な太平洋に面した南国ビーチフロントリゾート

シャークダイビングのメッカであるパシフィックハーバーの中心に位置するデラックスクラスのリゾート。
客室は5つのカテゴリーに分かれており、部屋から海を望むオーシャンビュー側は人気のカテゴリーのひとつ。
その他緑豊かなガーデンビュー側、船やボートが見えるオシャレなマリーナ側に分かれる。
白と青を貴重とした清潔感のあるお部屋。
リゾートの中心にはプール、さらにスパもあるので、ダイビング後のリフレッシュも可能。

 

  • PB160837

    モニュメントが印象的なエントランス

  • PB160831

    緑あふれるリゾート敷地

  • PB160847

    広々としたプール

  • PB160830

    客室イメージ(新館)

  • PB160848

    オープンエアレストラン

  • PB160835

    リゾート専用ハーバー

客室

  • (旧館)ガーデンビュー48室、オーシャンビュー31室、ペントルーム4室
    - エアコン及びトイレ、ホットシャワー完備
    - 冷蔵庫、ミニバー、湯沸しポット
    - テレビ、セーフティーボックス
  • (新館)プレミアガーデン50室、プレミアマリーナ42室、プレミアオーシャン35室
    - エアコン及びトイレ、ホットシャワー完備、全室バルコニー付き
    - 冷蔵庫、ミニバー、湯沸しポット、ドライヤー
    - テレビ、DVDプレイヤー、セーフティーボックス

アメニティー類(各部屋共通)

  • シャンプー&リンス、タオル

Wi-fi

  • リゾート内及び客室にて無料Wi-fi利用可(フロントにてパスワード配布)

電源プラグ

  • 電圧240V(50Hz)O型プラグ

その他施設

  • レストラン3ヵ所(AM9:00~PM9:00)
  • トレーニングジム(AM7:00~PM7:00)
  • プール
  • ツアーデスク、カンファレンスルーム
  • リゾート専用のマリーナにて大小5艘のボート所有(ダイビング不可)
  • 車で約10分のところにリゾート所有ゴルフ場あり

※上記の情報は諸事情により余儀なく変わる場合がございます。

ダイビングサービス

ベンガ・アドベンチャーダイバーズ

1574910516300408_20191128

パシフィックハーバー・エリアにあるダイビングショップの中で、シャークダイビングの実績及び人気NO.1のダイビングショップ。ザ・パールリゾートからは車で約5分の好立地。

スタッフのほとんどは現地フィジー人で、陽気で明るいアットホームなホスピタリティを間近で体感出来る。
ダイビングルールは厳しいが、10年以上ダイビング中の事故が起きていないことも、ゲストの安全面を最優先に考えている証拠である。またサメの研究・保護にも注力しており、個体識別のデーターをもとに、ゲストが撮った写真をみせるとサメの名前も教えてくれる。

 

▼ダイビングについて
シャークダイブ:月、火、木、金、土曜日の午前
コーラルダイブ/レックダイブ:水、日曜日

▼ダイビングスケジュール
8:00 ホテルより車でショップへ 必要書類の記入・ブリーフィング
8:30 ボート出港 ポイント到着後続けて2dive ※水面休息時はスナック・飲み物のサービスあり
12:30-13:00 ショップに帰港

▼シャークダイビングについて
基本的にはベンガパッセージにあるドロップオフ横のリーフレッジにてダイビング。1本目は深さ30mの海底に15分程度着底して見学。大型のブルシャークが目の前で餌付けされる光景は圧巻。その後15mぐらいの浅瀬に水深を上げ、ホワイトチップリーフ、ブラックチップリーフ、グレイリーフシャークの餌付けを観賞。その後5mに浮上して安全停止をし、トータル45分間程度のダイビングとなる。
ボート上で水面休息後、そのまま2本目のダイビングへ。2本目はスロープ途中の水深25m程度に着底して見学。1本目のポイントよりブルシャークとの距離が近い。30分程滞在し深度を上げながら、コーラルリーフに滞在し安全停止をして終了。
シャークフィーディング見学中は海底に一列に並んで着底する。その周りには棒を持ったガイド(1チームに4人のガイド)が常に見張っており、サメが近づくと威嚇し、ゲストの安全面もしっかりと考慮している。
※基本的には器材はすべて黒色の物を使用。白や明るい色の物は使用不可。
※ストロボ及び伸ばし棒等の使用も不可。

▼リーフダイビングについて
透明度が高く珊瑚が生き生きとしたベンガラグーンには、マクロからワイドまで多種多様な生物が共存している。
ダイビングは午前2diveとなり、その日の海況及び天候によりガイドがポイントを決める。

 

  • 77386704_2626816610730321_9041121104013295616_n
  • 76686430_2626815787397070_7353367242093887488_n
  • PB181120

スケジュール例

 成田発・フィジーエアウェイズ利用 8日間

パシフィックハーバー・パールハーバーリゾート滞在
ベンガアドベンチャーダイバース利用

参考スケジュール

1日目 夜、成田国際空港ご集合
空路、夜行便にてナンディへ
<機内泊>
2日目 朝、ナンディ到着
送迎車にてパシフィックハーバーへ移動(約4時間)
到着後、フリータイム
<ザ・パールリゾートアンドスパ泊>
3~6日目 午前2ボートダイブ
午後フリータイム
・シャークダイブ(月、水、金、土曜)
・ソフトコーラルダイブ(火、木、日曜)
<ザ・パールリゾートアンドスパ泊>
7日目 終日フリータイム
(追加オプションにてダイビング可)
☆帰国日前日にナンディ市内へ移動することも可能です。
<ザ・パールリゾートアンドスパ泊>
8日目 朝、送迎車にて空港へ移動
空路、直行便にてご帰国
夜、成田国際空港ご到着

 

利用航空会社

フィジーエアウェイズ利用

利用予定ホテル/リゾート

  • パシフィックハーバー>  ザ・パールリゾートアンドスパ
  • ナンディ> メルキュールナンディ又は同等クラス

最小催行人員:1名様 (1人部屋追加代金要)

周辺の地図

フィジーへのアクセス

日本からフィジーへは、成田からフィジーエアウェイズの直行便にて約9時間。乗り換えなしの楽々アクセス。

ナンディ空港からパシフィックハーバーまでは車で約4時間の移動。

トラベルインフォメーション

国名 フィジー共和国
首都 スバ
最寄りの空港: ナンディ空港
利用航空会社: フィジーエアウェイズ 成田⇔ナンディ直行便
ビザ 4ヶ月以内の観光を目的とした滞在であればビザは不要です。ただし、パスポート残存が入国時に滞在日数+6ヶ月以上有効あるかご確認ください。
時差 日本より+3時間(サマータイム期間は+4時間)
気候 亜熱帯気候 雨季は12月~4月、乾季は5~11月
平均気温 年間を通じて24~28℃前後
平均水温 4~9月:24~28度
10~3月:27~30度
適正スーツ 3又は5mmフルスーツ
透明度 15~30m以上
言語 公用語は英語。英語はどこでも通じるが、その他にフィジー語、ヒンディー語も使用されてる。
電圧 240V(50Hz)
プラグタイプ プラグはO型(ハの字型)
通貨 フィジードル(F$)、補助単位はフィジーセント(F¢)。F¢100=F$1
両替 成田空港に取扱い両替所あり。レートの良いナンディ空港での両替がオススメ。市街地にも両替所はあるので、安心。
チップ チップの習慣はありませんが、
特別なサービスをお願いした場合などは、チップをお渡し頂くくと喜ばれます。

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ