観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み

シパダン(クルーズ)

世界に誇るダイバーズ天国シパダン

圧倒的な魚影に囲まれる海 シパダン

utour-sip04[1]

ボルネオを代表するダイビングサイトとして、あまりにも有名すぎるシパダン。以前は、島内に5件のダイビングサービスがあり、ダイバーはシパダン島に滞在しながらのダイビングが出来た。島の目の前には、600メートル級のドロップオフがあり、そこでの早朝から夜まで出来る無制限セルフビーチダイブは、他に類を見ない魚影の濃さで絶大な人気を誇った。また、バラクーダー、ギンガメアジのトルネード、カンムリブダイの大行進、ウミガメの悠々と泳ぐ姿は、シパダンの日常風景として世界中のダイバーがその世界に引き込まれた。

しかし、シパダン島はセレベス海に浮かぶ長さ500メートルほどの小さな島。ダイバーの数が増えるにつれ、島の周辺環境に変化が始まった。ボルネオの宝であるこの海を守るため、そしてその環境を回復させるために、2004年12月末をもって、シパダン島は閉鎖され、宿泊施設は取り壊された。

今現在は厳しい入域制限の為に、1日120人しか入域することが出来ず、毎日行くことが困難な現状だが、ゲストのご理解と協力で、その効果は徐々に現れている。魚影も徐々に戻り、バラクーダーの玉も驚くほど大きくなっている。

シパダンダイビング

毎日シパダンで潜れるのは、クルーズのみに与えられた特権

1日120名までしか入域することが出来ないシパダン島エリアで、月曜~土曜まで毎日潜れるのは、セレベスエクスプローラー号に乗船されたダイバーのみの特権。
通常リゾート滞在型のゲストは、3泊又は4泊以上されたゲストを対象に滞在中1日のみシパダン遠征確約がベースとなる。世界中のダイバーが憧れるダイビングスポット・シパダンを思う存分潜り尽くす贅沢ダイビングクルーズ。

  • IMG_1964

    目の前を真っ暗にするバラクーダ玉

  • IMG_0807

    ウミガメの楽園

  • IMG_2487

    迫力満点のカンムリブダイの行進

 

ダイビングインフォメーション

1日3~4本のボートダイブ
07:30 / 09:30 / 11:30 / 14:30
※但し、乗船日及び月曜日、下船前日、土曜日、日曜日を除きます。詳しくはお問い合わせください。
※サンセット及びナイトダイブは行っておりません。

・初日の1本目はオリエンテーションダイブ(チェックダイブ)
・ポイントへはクルーズに付随したダイビングボートを利用
・タンクはアルミの12リッター使用
・グローブ着用可(但し、サンゴや水中生物に触れるのは禁止)
・ダイビング最終日は利用フライトの24時間前までにエキジット

 

セレベス海シーズナリティ-

1年を通して通年ダイビングが可能
雨期 10月〜3月中旬 / 乾期 4月〜9月下旬

Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
気温 26-20℃ 26-20℃ 26-20℃ 28-20℃ 28-20℃ 30-22℃ 33-22℃ 33-24℃ 33-24℃ 30-20℃ 28-20℃ 26-20℃
水温 28℃ 28℃ 28℃ 28℃ 30℃ 32℃ 32℃ 32℃ 30℃ 30℃ 28℃ 28℃
透明度 15-20m 15-20m 15-20m 15-25m Over 15-25m Over 15-25m Over 15-25m Over 15-25m Over 15-25m Over 15-20m 15-20m 15-20m

 

マリンライフの宝庫 コーラルトライアングル

ダイビングパッケージツアー

ダイビングパッケージプラン

<マレーシア航空利用>
東京発はこちら  大阪発はこちら  名古屋発はこちら  その他空港発はお問合わせください

セレベスエクスプローラー号

CELEBES EXPLORER

CE01

クルーズ概要

・船名       M/V CELEBES EXPLORER(セレベス・エクスプローラー号)
・竣工     2001年11月
・大きさ    船体全長約29m、幅約7.2m
・速力     8~10ノット(約18.5km/h)
・客室数    ツイン(二段ベッド)ルーム×6部屋/ダブルベッドルーム×2部屋
・客室設備  トイレ、シャワー、エアコン完備
・旅客定員  最大16名
・スタッフ    9~12名
・電気     電圧240V / プラグBFタイプ
・その他    お土産販売、医療用酸素、ファーストエイドキット、救命胴衣装備

 

  • _TAM9651セレベス客室

    ツインベッドルーム(二段ベッド)

  • _TAM9858セレベス(デッキ)B

    サンデッキ

  • _TAM0099セレベス(ラウンジ)

    ラウンジスペース

ラウンジスペース
冷房完備のラウンジでは、食事をしたりログ付けをしたり出来る共有スペース。ミニバーには24時間無料で利用できる飲料水、コーヒー、紅茶、パン、お菓子、フルーツが用意されている。(ミネラルウォーター、ソフトドリンク、アルコール類は有料)
テレビ、DVDデッキなどのAV機器も設置してあるので、ダイビングで撮影した画像や動画も見ることができる。

サンデッキ
クルーズ船の最上階は広いサンデッキになっている。テーブルセットやサンチェアが置かれ、水面休息中に日光浴や昼寝、読書などでくつろぐことが出来る。もちろん景色は抜群で、サンセットや星空観測も可能。

食事
食事は1日3回のビュッフェ形式
マレーシア&中華料理が主のローカル料理がメインとなるが、ゲストの国籍に合わせてパスタやお刺身などが並ぶこともある(宗教上の理由で豚肉料理は出ない)。食事制限のあるゲストへの対応も可能。
<食事時間>
朝食 07:30~08:00/昼食12:30~13:30/夕食19:30~20:30

支払い
基本的にはマレーシアリンギット
USDの現金も利用できるが、おつりはマレーシアリンギットとなる。滞在中に利用した飲物代金や器材レンタル代金などは、チェックアウト時にまとめて支払うことが出来る。
※クレジットカードは利用不可

スケジュール例

成田空港発/マレーシア航空利用
最短 土曜発6日間(クルーズ3泊) 参考スケジュール

1日目(土) 午前、成田空港発 ⇒ 直行又は経由便にてコタキナバルへ
コタキナバル到着後、車でホテルへ送迎
<コタキナバル市内STDホテル泊>
2日目(日) 朝、車で空港へ
国内線にてタワウへ
タワウ到着後、車でセンポルナ港へご案内
午前、クルーズ乗船
センポルナ又はマブール周辺にて1ダイブ
※母船はセンポルナ港にて停泊します。
<セレベスエクスプローラー号泊>
3日目(月) 朝、シパダン海域に向け出航
終日シパダン周辺にて2~3ダイブ
<スクーバーエクスプローラー号泊>
4日目(火) 終日シパダン周辺にて3~4ダイブ
<スクーバーエクスプローラー号泊>
5日目(水) 朝、クルーズ下船へ
車で空港へご案内
国内線にてコタキナバルへ
到着後、国際線に乗り継ぎ、経由便(夜行)にてご帰国
<機中泊>
6日目(木) 朝、成田空港着

 

その他のスケジュール

セレベスエクスプローラー号は、クルーズへの乗船日及び下船日が日曜と水曜のみに限られます。
滞在パターンは以下の内容となりますので、詳しくはお問い合わせください。

・クルーズ3泊  日曜午前 乗船 → 水曜午前 下船
(ダイビング合計6~9ダイブ: 日曜1~2本/月曜2~3本/火曜3~4本)

・クルーズ4泊  水曜午前 乗船 → 日曜午前 下船
(ダイビング合計9~13ダイブ: 水曜1~2本/木・金曜3~4本/土曜2~3本)

・クルーズ7泊  日曜午前 乗船 → 日曜午前 下船
(ダイビング合計17~24ダイブ: 日曜1~2本/火・水・木・金曜3~4本/土曜2~3本)

・クルーズ7泊  日曜午後 乗船 → 日曜午前 下船
(ダイビング合計16~22ダイブ: 月曜2~3本/火・水・木・金曜3~4本/土曜2~3本)

※月曜から土曜までシパダン周辺でのダイビングとなりますが、日曜のみセンポルナ周辺でのダイビングとなります。
※日曜乗船の場合、クルーズ母船はセンポルナ港内に停泊し、月曜早朝にシパダンへ向け出航します。

 

シパダン島入島制限について

シパダン島へ行くには、事前に入域パーミット(許可)を取らなければならず、1日につき40リンギットのシパダン入域料が必要となります。予約確定と同時にパーミット申請をするため、ツアー代金と共に事前徴収をしております。また申請時にはお客様のパスポートに記載のお名前及びパスポート番号が必要となりますので、予約時にお知らせください。

ダイビングサイト

4 Island Map & Dive Side3

ポイントピックアップ

シパダン島

シパダンといえば、大物天国。海底600m~1,200mから島がそびえ立っており、潮当たりの良いポイントでは、潮流に乗って様々な大物たちが続々と姿を現す。ダイビングは壁沿いにドリフトダイブを楽しむのが主流。
<よく見られる生物>
バラクーダやギンガメアジの群れ、カンムリブダイの行進、ハンマーヘッド、グレイリーフシャーク、レオパードシャーク、ホワイトチップシャーク、マンタ、ウミガメ、ロウニンアジ、イソマグロ、ナポレオンフィッシュなど

マブール&カパライ

こちらはシパダンとは異なりマクロ生物のパラダイス。カメラ派ダイバーの恰好の被写体として人気のマクロ達の宝庫。人気ポイントは浅めの砂地が広がっており、サンゴや砂地に身を隠す貴重な生物がひしめいている。
<よく見られる生物>
ニシキテグリ、ピクチャードラゴネット、マンジュウイシモチ、ゴールドスペックジョーフィッシュ、ホムラハゼ、カニハゼ、ピグミーシーホース、フリソデエビ、各種ウミウシなど

シ・アミル島

セレベスエクスプローラー号が開拓した人気マクロポイント。浅場(水深10m付近)にもピグミーシーホースがたくさんいるのがシアミルの魅力。その他シパダンやマブールでは見ることのできない多種多様なウミウシ達の宝庫。運が良ければニタリやマダラトビエイ、イーグルレイなどが見れることもある。

周辺地図

トラベルインフォメーション

国名 マレーシア
首都 クアラルンプール
ロケーション サバ州
最寄りの空港 タワウ空港
利用航空会社 マレーシア航空(コタキナバル経由)
ビザ パスポートの有効期限が入国時に6カ月以上必要。観光目的で90日以内の滞在であればビザ不要。
時差 日本-1時間。
例:日本が午後2時の場合、現地時刻は午後1時
気候 熱帯性気候。乾季4~9月、雨季10~3月(東海岸のサバ州の場合)
平均気温 22-32℃以上
平均水温 28-30℃
適正スーツ 3mmワンピース~5mmワンピース
透明度 10-30m以上(日によって、または時間ポイントによっても変化します)
言語 現地の公用語はマレーシア語
リゾートでは英語
電圧 220V(50Hz)
プラグタイプ 3つ又のBFタイプ
通貨 マレーシア・リンギット(RM)1RM=約34円(2015年1月現在)
現地の支払いは、現金のみでマレーシア・リンギットのみ使える
チップ 基本的にチップの習慣はありませんが、特別なサービスを受けた場合はあげると喜ばれます。

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ