観光庁長官登録旅行業第1969号

海外ダイビング旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土日祝休み

エレガントジェニファー号

2022年冬 王女誕生 新艇エレガントジェニファー号

02_elegantjennifer170_credit

弊社ユーツアーではコロナ終息後に向けたマーケット展開を見据え、
現在弊社インドネシア関連会社にて、2022年冬に進水予定の新しいクルーズ船(最大乗船人員20名様)を建造しております。

これまでのインドネシア・ダイビングクルーズの常識を覆す新艇エレガントジェニファー号、乞うご期待ください。

 

EJ LOGO


〇 ユーツアーサービス傘下

インドネシア現地会社 船舶運航管理、観光業全般
PT DHOW INDAH MIRAI
資本金:
預権資本金 Rp(IDR) 10,010,520,000
引受資本金 Rp(IDR)   2,502,630,000
政府登録観光業 No,9120317290522

〇 インドネシア伝統的帆船・ピニシ ダイビングクルーズ

〇 日本人ガイド乗船予定


 

エレガントジェニファー号プロモーション動画
YouTube専用チャンネル

Vol.1 クルーズ建造中動画(2022.3.25)
こちらをクリックください

Vol.2 進水式  “いよいよ海へ”(2022.4.15)
こちらをクリックください

Vol.3 ”一歩一歩前へ”(2022.4.17)
こちらをクリックください

Vol.4 ”船体を押し出すレール作り”(2022.4.18)
こちらをクリックください

Vol.5 ”EJ号は全てのお客様をお招きします”(2022.4.19)
こちらをクリックください

Vol.6 ”泳いでいるのではありません”(2022.4.20)
こちらをクリックください

Vol.7 ”波打ち際まで前進しました”(2022.4.21)
こちらをクリックください

Vol.8 ”作業は夜間も行います”(2022.4.25)
こちらをクリックください

Vol.9 ”間もなく船は浮かびます”(2022.6.3)
こちらをクリックください

Vol.10 ”ついに船が洋上に浮かびました”(2022.6.6)
こちらをクリックください

Vol.11 ”ビーチに別れを告げ、入り江へ移動”(2022.6.9)
こちらをクリックください

エレガントジェニファー号造船に至る経緯

これまでインドネシアでのダイビングクルーズにおけるお客様のご不満の声を数多く頂きました。

shinpai_man

・全室シャワー付きだが値段が高い
・値段がそこそこだが古い、設備が悪い、水回りが共同
・木造船はキャビンに水漏れがある
・水圧が低い、お湯がすぐに無くなる
・料理が辛い、油がきつい、野菜が少ない
・ガイドのスキルにムラがある、日本人好みのガイドではない
・キャンセル規定が厳しい etc…

これまでクルーズ船の現地オーナーとの委託契約ではこれらの問題点の改善のハードルが高く限界がありました。そのため自社船を建造する運びとなりました。

コロナ禍の中、現地において完成目指し日々建造に努めております。皆様のご意見を集約して末永くご愛顧頂けるようハード面だけではなく、サービス・ソフト面での充実を図りトレーニングに邁進いたします。

 

新造船エレガントジェニファー仕様書

01_elegantjennifer170_credit

■クルーズ船名 : エレガントジェニファー/Elegant Gennifer

■最大乗船人員 : 20名(うちダイバーは16名)

■客室 : 全9室(シングル2室/ツイン4室/デラックスツイン2室/スウィート1室)

■設備 : 全室ホットシャワー&トイレ&エアコン、カメラルーム(エアコン&ユニバーサルプラグ110~220V)、ナイトロックス、ラージタンク、レンタル器材完備、テンダーボート2艘

■その他詳細 :
ボディー アイアンウッド(鉄木)
全長 51m/全幅 8.6m/ドラフト 4.25m/デッキ長 40m
メインエンジン ヤンマー659hp(2020年製)
インタークーラー付ターボチャージャー
発電機 ヤンマー60kva(2020年製)2基
+MITSUBISHIサイレント型80kva(夜間用)
※コロナ対策として、エマージェンシールームを設置の他、換気対策に対応した設計仕様

 

コロナウイルス等感染症対策

03_elegantjennifer170_credit

クルーズ船内には特別にEmergencyルームを設置し、発熱症状等、万一感染症の疑いがあるゲストは通常皆様が滞在されるキャビンから離れて頂きます。

従来ローワーデッキの空気が循環せず滞留する問題点を解決するため、キャビンを挟む中央通路に外気が流入できる喚気対策の設計仕様となります。

3密対策としてダイビングデッキではメインデッキ後方にオープンエアの広々としたスペースを確保し、シャワーはメインデッキに4基設置。
ダイビングルームは新しい生活様式、ダイビングボート上では感染対策を実施、マスク・シュノーケルの個別洗浄も徹底します。

アッパーデッキのキャビンは全室プライベートテラス付きとなり絶えず外気の入れ替えができます。

 

伝統的帆船ピニシの歴史

image01

~インドネシアが誇るピニシの起源~

何世紀にもわたって代々伝えられてきたインドネシアの伝統的帆船ピニシには深く豊かな歴史がある。

伝統的な2本マストが象徴的な帆船ピニシ、その起源はインドネシアの南スラウェシ地方に住むブギス族によって始まる。
彼らは木材に金づち、きり、のみを振るい、伝統的な造船工法で複雑な帆船を造り上げてきた。

この由緒ある船はアラビア地方のダウ船にも姿形が似ており、もともとは貨物の輸送などに使用されていた。特にバンダ諸島から数多くのスパイスを運ぶ輸送船として使われてきた。

~伝統的造船工法~

15815413261558

ピニシの木造骨格は主にスラウェシ及びカリマンタン地域の木材が豊富に採れる熱帯雨林に近い海沿いのビーチで造られてきた。その後更なる建造のため本格的なボート製造現場へ輸送されるのが一般的。

ピニシを建造する熟練した船大工たちは、伝統的でユニークな儀式・祈祷を建造プロセスの各段階で行う。これは建造の最も重要な部分に適した木材を選択するところから始まり、各段階を経て、最終の完成時まで続けられる。

この口承伝統として受け継がれるユニークな造船方法が認められ、2017年12月、ユネスコの無形文化遺産に認定された。

現代においてもピニシはインドネシアの貨物輸送で活躍しているが、その一部は究極の豪華ヨットクルーズに変貌を遂げ、インドネシア各地で極上のクルーズライフを提供している。

クルーズ各キャビンのご紹介

04_elegantjennifer170_credit

ダイビングクルーズツアーで重要なポイントの一つとなるのが、お客様がお泊り頂く宿泊キャビン。

本船では様々なお客様のご希望に沿えるようシングルゲスト専用キャビンや贅を極めたマスタースウィート(右写真イメージ)など、4つの客室カテゴリーをご用意しております。

全室トイレ、シャワー、エアコン、ユニバーサルプラグ完備はもちろん、アッパーデッキの客室には全室プライベートテラスを設置。

また、通常のダイビングクルーズ船の多くは天上高が2m程度となりますが、本船は全カテゴリーの客室において2.2m以上の天井高を確保しているため、圧迫感のない広々とした空間にてごゆっくりおくつろぎ頂けます。

 

▼ローワーデッキ

・スタンダードツインルーム 4室
平置きシングルベッド2台でも快適に寛げる空間
ホットシャワー・トイレ・エアコン完備

・スタンダードシングルルーム 2室
シングルトラベラーには嬉しいシングル専用ルーム
ホットシャワー・トイレ・エアコン完備

▼アッパーデッキ

・デラックスツインルーム 2室
プライベートテラスから望む夕日は極上の贅沢
ソファーベッド利用で3名1室も可能

・マスタースウィート 1室
贅を尽くした至極のラグジュアリールーム
プライベートテラスにはジャグジー完備
ソファーベッド利用で最大4名まで宿泊可能

~建造中のクルーズ船ご紹介~ 2022年3月現在

  • c52f7f4ec709f2c41094cbbbab1fa2f6

    徐々に姿を現した
    クルーズ船体外観

  • 75f1cf3a022199a3ef3679d169d5807f

    スタッフの影から分かる
    船体の大きさ

  • f001426abfd4fbb83301991fe04a49bb

    クルーズ前方からの様子

  • image0

    船首の眺望

  • ローワーシングルキャビン

    ローワーデッキ
    シングルキャビン

  • ダイビングデッキ

    ダイビングデッキ

  • ダイビングプラットホーム

    ダイビング
    プラットホーム

  • プロペラ&舵

    プロペラ&舵

  • アッパーデッキデラックスキャビン

    アッパーデッキ
    DLXキャビン室内

  • アッパーデッキデラックスキャビン_2室コネクティング利用可能プライベートテラス付

    DLXキャビン
    プライベートテラス

  • マスタースイートからの眺め

    マスタースイート
    客室からの眺め

  • マスタースイートバルコニー

    マスタースイート
    プライベートテラス

  • 15815038948522

    コロナにも負けず
    完成に向け日々頑張って頂いている
    造船スタッフ

日本発着ベースの参考日程

例)ラジャアンパットクルーズ船6泊7日の場合

1日目 羽田・関空✈ジャカルタ✈ <機内泊>
2日目 ✈ソロン クルーズ船乗船後2ダイブ
<クルーズ泊>
3~6日目 1日基本4ダイブ
(日中3ダイブ+1ナイトダイブ)
<クルーズ泊>
7日目 2ダイブ
※翌日のフライトに備えご自身にてダイビングの調整をお願いします。
<クルーズ泊>
8日目 クルーズ下船 空港へ送迎
ソロン✈マカッサル✈ジャカルタ
<機内泊>
9日目 ✈羽田・関空着

 

例)ラジャアンパットクルーズ船5泊6日の場合
※1日早く帰国するパターン

1~5日目 上記日程と同じスケジュールとなります
6日目 2ダイブ ※午後のダイビングは不可
<クルーズ泊>
7日目 ワイサイ港下船
フェリーにてソロン港へ 空港へ送迎
ソロン✈マカッサル✈ジャカルタ
<機内泊>
8日目 ✈羽田・関空着
※通常はソロン港で下船ですが、1日早く早朝ワイサイ港で下船し、高速フェリー利用でソロン港へ向かいます。その際はクルーズ1泊分の料金が減額されますが、高速フェリー料金+ソロン空港への送迎アレンジでお1人様US$35の追加が必要となります。

例)コモドクルーズ船5泊6日の場合

1日目 成田・関空✈デンパサール
ホテルへ送迎 <デンパサール泊>
2日目 空港へ送迎
デンパサール✈ラブハンバジョ
クルーズ船乗船後2ダイブ
<クルーズ泊>
3~5日目 1日基本4ダイブ
(日中3ダイブ+1ナイトダイブ)
<クルーズ泊>
6日目 午前2ダイブ
午後コモドドラゴン見学ツアー
<クルーズ泊>
7日目 クルーズ下船 空港へ送迎
ラブハンバジョ✈デンパサール✈
<機内泊>
8日目 ✈成田・関空着

 

年間スケジュール

只今年間スケジュールの作成中となります。

完成し次第こちらのページへ掲載致しますので、恐れ入りますが今しばらくお待ちください。

 

ダイビングクルーズ基本料金

2022年11月~2023年12月乗船
クルーズ1泊あたり料金表
1名様料金/泊(4ダイブ・3食付き)× クルーズ泊数

▼ローワーデッキ
・スタンダードツイン2名1室利用
コモド US$435/ラジャアンパットUS$465

▼アッパーデッキ
・デラックスツイン2名1室利用
コモド US$510/ラジャアンパットUS$540
・デラックストリプル3名1室利用
コモドUS$435/ラジャアンパットUS$465

▼マスターキャビン
・スウィート2名1室利用
コモドUS$930/ラジャアンパットUS$960
・スウィート3名1室利用
コモドUS$650/ラジャアンパットUS$680
・スウィート4名1室利用
コモドUS$510/ラジャアンパットUS$540

▼ローワーデッキ
・スタンダードシングル1名1室利用
コモドUS$525/ラジャアンパットUS$555

<料金に含まれるもの>
〇1日4ダイブ(3ダイブ+1ナイトダイブ)*乗船日並びに下船前日は2ダイブ 〇3食+軽食、コーヒー、紅茶、ミネラルウォーター 〇各部屋での宿泊 〇乗船及び下船時の空港⇔港・ホテル間送迎
※ダイビングの本数は天候、海況により当初の本数を潜れない場合もござます。滞在中になるべくリカバリーできるよう努めますが、減数の際も返金がないこと予めご了承願います。
<料金に含まれないもの>
〇アルコール飲料とソフトドリンク 〇ランドリーサービス 〇ナイトロクスタンク 〇レンタル器材費 〇通信費用 〇各エリアの入海料 〇旅行保険、事故保険 〇ガイド、クルーへのチップ 〇国際線及び国内線の航空券 〇空港税等

オープニング特別キャンペーン

適用条件: デビュー2022年冬~2023年12月乗船

★現地乗船金額を最大定価の1/3(33.3%)OFF★

上記期間に乗船されたお客様は会員証を発行します。
会員の方はその後2025年12月乗船まで乗船金額の割引(※最大33.3%OFF)が適用されます。
その際は乗船年度の定価より割引となります。
適用条件の対象期間は予約受付順にてクルーズのキャビンが埋まっていきます。対象期間に乗船できず会員でないお客様は、その後のオープニング特別キャンペーン割引は適用できませんので予めご了承ください。

※日本から現地インドネシアまで航空券並びにホテルを当社へお申し込み頂いたお客様に限り33.3%OFFが適用されます。現地クルーズ船の乗船金額費用のみを予約・申し込みのお客様は25%の割引となります。


▼ 参考例①

2023年乗船 “ラジャアンパットクルーズ6泊7日”
(ローワーデッキスタンダードツイン2名1室利用)

定価 お一人様  US$2,790 ➡ キャンペーン価格 (最大▲33.3%OFF) お一人様  US$1,860

*************************

2023年乗船 “ラジャアンパットクルーズ5泊6日
(ローワーデッキスタンダードツイン利用)

定価 お一人様 US$2,325 ➡ キャンペーン価格 (最大▲33.3%OFF) お一人様  US$1,550

※別途高速フェリー料金+ソロン空港送迎アレンジ費用US$35が必要です。

ラジャアンパットクルーズには下記別途エリア入域料が必要となります
マリンパークフィーUS$120/1年間有効(Piano島入島料,ミソール入村料含む)
但し連絡なく変更がある場合がございます。あらかじめご了承ください。


▼ 参考例②

2023年乗船 “コモドクルーズ5泊6日”
(ローワーデッキスタンダードツイン2名1室利用)

定価 お一人様  US$2,175 ➡ キャンペーン価格 (最大▲33.3%OFF) お一人様  US$1,450

コモドクルーズには下記別途エリア入域料が必要となります
マリンパークフィー&ダイビングフィーUS$30/1日、コモドドラゴン見学ツアーUS$30/人(レンジャーフィー含む)
但し連絡なく変更がある場合がございます。あらかじめご了承ください。

<料金に含まれるもの>
〇1日4ダイブ(3ダイブ+1ナイトダイブ)*乗船日並びに下船前日は2ダイブ 〇3食+軽食、コーヒー、紅茶、ミネラルウォーター 〇各部屋での宿泊 〇乗船及び下船時の空港⇔ホテル間送迎
※ダイビングの本数は天候、海況により当初の本数を潜れない場合もござます。滞在中になるべくリカバリーできるよう努めますが、減数の際も返金がないこと予めご了承願います。
<料金に含まれないもの>
〇アルコール飲料とソフトドリンク 〇ランドリーサービス 〇ナイトロクスタンク 〇レンタル器材費 〇通信費用 〇各エリアの入海料 〇旅行保険、事故保険 〇ガイド、クルーへのチップ 〇国際線及び国内線の航空券 〇空港税等

 

  • _MDC6518-Edit
  • _DSC0405
  • _DSC0313

お申し込み・キャンセル規定について

お支払いは表示のUS$を日本円に換算し、弊社指定口座へ日本にてのご入金をお願いします。
(弊社社内レートを採用)

最大3ヵ月までお申込金不要にてお受けする便利な “仮お申込み” をご利用ください。但し予約の混雑状況により個別にご相談させていただく場合もございます。

これまでクルーズツアーの問題点でありましたご予約成立後のキャンセル規定に関して、2023年8月乗船までは弾力的に対応いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ダイビングショップ様用グループオファー

本船に乗船いただきショップツアーが成功なされるよう、弊社はダイビングショップ様を力強くバックアップいたします。

引率者向けのリーダー割引、その他特典等のオファーについてはお電話、メール、下記お見積りフォームよりお問い合わせください。

お見積りフォームはこちら

トラベルインフォメーション

国名 インドネシア
首都 ジャカルタ
ロケーション (コモド)東ヌサ・トゥンガラ州 コモド
(ラジャアンパット)西パプア州 ラジャンパット県
最寄りの空港 (コモド)ラブハンバジョー
(ラジャアンパット)ソロン
利用航空会社 ガルーダインドネシア航空、全日空、日本航空
ライオンエア、ウイングスエア
ビザ 観光目的の日本人で且つインドネシア滞在期間が30日以内の場合、ビザ取得義務が免除となりました。
※新型コロナウイルスの影響により、入国制限が設定されております。詳しくはお問い合わせください。
言語 公用語はインドネシア語、リゾートでは英語
電圧 220V(50Hz)
プラグタイプ 丸ピン二本のCタイプ
通貨 インドネシアルピア(Rp)1Rp=0.009円(2022年3月現在)
ルピアの他、USドルやユーロ、クレジットカードが使える(但し、リゾートによって違う)
両替 現地の空港や銀行、両替所、ホテルなどで日本円から両替可能。(日本の空港でルピアに両替できる銀行もあるが、現地より割高なのと、チップに使える小額紙幣がないので、避けたほうがいい)。帰国時、ルピアから円への両替はレートが悪いので、できるだけ使い切るぶんだけを両替するほうがよい。足りなければリゾートではクレジットカードやドル・ユーロなどでの清算も可能。。

※上記の情報は諸事情により変わる場合がございます。

オプショナルツアー
このページの先頭へ
ホーム
ツアー情報
エリア別ダイビングツアー
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約
会社概要
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ
ご旅行出発前にご確認ください
外務省海外安全ホームページ
外務省海外旅行登録システム「たびレジ」
厚生労働省海外感染症情報